徒然なる雑記

日々の発見や趣味や学びについての記録

ある大学生の工夫話

定款の事前認証の予約in公証役場

定款の作成が、実は先月末には完了していました。

諸事情あり、4月に入り込んでしまいました。

 

 

さて、本題。

定款の作成が完了すると、公証役場で定款の認証を受けなければなりません。

更に、定款の認証前の事前確認を行ってくれます。

その際に必要となる書類等がいくらかあり、それらを揃える必要があります。

 

 

必要書類は

・作成した定款3通

・発起人はそれぞれ印鑑証明2通

が必要です(代理人が行うことができますが、その際には委任状が必要となります。)。

 

まずは、管轄の公証役場を確認し、電話で事前確認を行ってもらえるかを確認します。

 

 

メガネ「会社設立したいのですが、定款の事前確認していただけますか?(おどおど)。」

 

役場のおばちゃん「株式会社でしょうか?」

 

メガネ「はい」

 

おばちゃん「紙で持っていこられますか、FAXも可能ですよ」

 

メガネ「(FAX家にないし、)紙でお願いします!」

 

おばちゃん「そしたらね、定款と発起人さんみなさんの印鑑証明と一緒にお持ちください。混んでいる場合にはお預かりするという形になります。」

 

メガネ「分かりました~。ありがとうございます。」

 

という感じでフランクで優しく対応してもらえました!(京都公証人合同役場のおばちゃんありがとう。)

 

 

さて、明日は事前確認及び行ければ認証まで!

役場でのタスク完了後は、資本金の払込みを行おうと思います。

 

経営学は非常に楽しく学んでおります。マーケティングや広告論など知らないことが本当に多いし、自分でどこからどこまで作ればいいのか手探りそのもです。